本文へスキップ

呪い・呪術で復讐・願いを叶える

呪い・呪術・祈願・祈祷・魔術・呪い代行

呪いとは

人や霊が物理的手段を用いず精神、霊的手段によって社会や個人に災いや不幸、不運を齎す悪意ある行為を「呪い」と言います。日本では死んだ人や動物の霊、神霊が及ぼすもに「祟り」があります。
「呪い」は悪意そのもので悪の代表格として使われることが多いですが、人によって行われる「呪い」は、古代の時代より祈願、祈祷、願望の成就を含めた意味合いがあり「呪い」は、決して悪意に満ちたものだけでは無いと言えるのです。
日本の神社仏閣で行われる「儀式」の殆どは「呪い」の基本を成してます。祈願、祈祷から「呪い」も誕生致しました。

呪いはとても人々と密着したところにもあり普段の生活の中で知らず知らずのうちに「呪い」を行っている場合も多々ございます。自分に不運がある、何を行っても裏目に出てしまうなど、「なんだかツイてないな。」と思うときはありませんか。それはツイていないのでは無くて何かがツイているとき、逆に「ツイてる、ツキあがる」と思うときも何かがツイているときなのです。ツキとは、霊であったり念であること、また、全く違った力が働いているなど特定することは事象を鑑みないと分かりませんが、何かを感じているときは、ある、ない、見える、見えないの問題ではなく何らかの波動に調和して引き寄せていると考えられるのです。
人は誰でも社会に蔓延する得体の知れない力に影響されています。多くの人間が知らずに「呪い」を自然発生させ不特定多数の波動、自分が発する波動を自身に受けているのです。

神社の鳥居をを潜るにも作法がありますが、そんなことはあまり気にすることもなく初詣は気楽に行くでしょう、また、パワースポットととして話題になる神社やお寺があれば作法を学ぶこともせず訪れることはないでしょうか。無作法な行為が土地の神々を怒らせることになるのです。
俗に言う「呪い返し」とは、様々な状況で起こる事象であって「呪い」を意図的に行ったから起きると言った特定されることでも御座いません。私生活の中に様々な原因がある場合も御座います。

世界の呪い