木製ヘッドシェルHS-1 / HS-2

 HS-1, HS-2 は非常に珍しい木材製のアナログカートリッジ用ヘッドシェルです。ヘッドシェルは現在までそのほとんどが金属で作られてきました。それは強度や加工精度の点で木材などではその精度や強度を得ることが難しかったからです。弊社は木材やプラスチックの精密加工技術を得意としていますので、その技術を駆使してアナログプレーヤーに適合する木製のヘッドシェルの加工を可能としました。

 木材には捨てがたい利点が多くあります。一つはその内部損失が大きいため鋭い共振の出にくいことがあげられます。スピーカーボックスなどに金属があまり使用されないのもその共振しやすさが要因です。ヘッドシェルもアーム全体の共振の影響が大きいと考えられます。そこに内部損失の大きい木材のヘッドシェルを使用することによって、その共振の影響をかなり抑えることができると考えられます。

 弊社では木材の中から強度が高く、しかも響きの美しい材料としてアフリカ黒檀とアサダ桜を選定して、ヘッドシェルとして製品化いたしました。アフリカ黒檀はオーボエやクラリネットに使用される響きの美しい黒色の素材です。比重は約1.4あり、その強度は木材の中でも最高に近い値を持っています。そのためヘッドシェル自身にネジのタップを切り、カートリッジを直接止められるように致しました。一方、アサダ桜材は北海道に自生するかなり堅めで、木材の中では重めの比重0.75位の素材です。音響用には弊社がいろいろな素材の中からスピーカー用として最も音がよいと判断した素材です。他にはフローリング材やヘッドフォンのケース部などにも使用され、音の良さは定評があります。HS-2にはその中でも最も質の良いアサダ桜の心材のみを厳選して使用しています。このアサダ桜材はネジ切れるほど硬くないため、真鍮製の指かけ兼用のネジ止め用のプレートを使用してカートリッジをしっかり止められるようにいたしました。桜材の比重が金属や黒檀に比べて軽いため、この真鍮製のプレートとの組み合わせで重量バランスを取っています。自重は、両機種共に約10gくらいとなりました。 HS-1, HS-2は、木材の風合いやその質感を大切にして、人体にほとんど影響がないエコ塗料系の木材保護塗料を塗り、バフ仕上げで仕上げております。木材の持つ独自の外観・柔らかさを実感してください。

 HS-1,HS-2の音質は、響きがきれいで余韻が美しいことが特徴といえるでしょう。一般的な金属製のシェルとは全く異なる、自然で、耳に優しいサウンドを是非あなたの耳でお確かめください。

 本製品は自重が軽いため付属の止めネジに真鍮製の金メッキネジを付属させました。真鍮は比重が大きいため長さの長いのネジを使用しますと少しは自重を増やせます。真鍮ネジには磁性のない下地をした上に金メッキを施してありますので安心してご使用いただけます。

 また、HS-1の指かけ部、HS-2のネジ止め部にも磁性のない金メッキを施しておりますので、磁力の影響が大きいMCカートリッジにも安心してご使用いただけます。

HS-1規格

素材:ボディー:アフリカ黒檀材(エコ塗料バフ仕上げ)  指かけ部:真鍮(非磁性金メッキ仕上げ)

外形寸法:18(W) 50(L) 18(H) 取り付け部を除く

自重:10.2g (取り付けネジを含まず)

付属品:真鍮製金メッキ取り付けネジ3種付属

価格:\7,800 (税別本体価格)

HS-2規格

素材:ボディー:北海道産アサダ桜材心材選別品(エコ塗料バフ仕上げ)  

    ネジ止め・指かけ部:1.5mm厚真鍮(非磁性金メッキ仕上げ)

外形寸法:18(W) 50(L) 18(H) 取り付け部を除く

自重:10.4g (取り付けネジを含まず)

付属品:真鍮製金メッキ取り付けネジ3種付属

価格:\7,300 (税別本体価格)



その他 : 弊社の加工技術を駆使した木材、樹脂等の精密加工も承っています。(詳細はお問い合わせください)
Besides: the processing technology of our company even the precise processing of the lumber, resin etc. that utilized it are informed. (Inquire the details)


山本音響工芸 ホームページトップ
Yamamoto Sound Craft Homepage TOP

日本語English


山本音響工芸株式会社 675-1323兵庫県小野市榊町726 TEL0794-62-5655 FAX0794-63-6405
Yamamoto Sound Craft Corp. 726 Sakaki-tyo Ono-city Hyogo 675-1323 Japan / Tel 81-794-62-5655 Fax 81-794-63-6405

お問い合わせ(Inquiry): shige-y@mh1.117.ne.jp
担当(Charge):山本(Yamamoto)


Copyright ? 2002-2009 Yamamoto Sound Craft All Rights Reserved.