38cm平面バッフルスピーカーシステムYS-605P

 YS-605PはALTECの同軸型スピーカーユニット605A,または605Bを弊社にてリファインし、シンプルな平面バッフルにマウントして仕上げたスピーカーシステムです。ALTEC 605A,B は約40年前、604シリーズ同軸型スピーカーの家庭用として設計されたとされています。ALTECのスピーカーユニットは耐久性が高く、約40年という長い月日を経てもいまだに高く評価され、多くが良い状態を保って使用されています。弊社ではこれらの604系同軸型ユニットを約10年前から弊社オリジナルのエンクロージャーに入れ、YS-604として製品化しています。

 私たちがこれらの同軸型ユニットを使用してきた課程で、いくつかの改良を施すことによって更にそれらの音質を向上させることが可能なことがわかってきました。確かに604,605系同軸ユニットは良くできたスピーカーで評価の高さが実感できます。しかし、最新の優れたスピーカーシステムに比べるとその歪み感や情報量などに不満も感じます。その一方、その変換効率つまり能率の高さは約100dB/1W.1mという値でたいへん大きなメリットとなり、小出力の真空管アンプで生き生きとしたサウンドを得ることができます。我が社は主として小出力の真空管式シングルアンプを発売していることもあり、高能率でクオリティーの高いスピーカーが是非とも必要でした。そこで、弊社ではあえて、これらのALTECのスピーカーに手を加え、弊社の現在までの20年間に培った技術を注ぎ込んでオジナル仕様のユニットとして改造し、製品化することにしました。ユニットは中音域の盛り上がりが少なく比較的低音域のレベルが容易に得られる605A,Bとしました。そしてそのエンクロージャーにはあえてボックスを採用せず、シンプルに平面バッフル方式を採用しました。弊社では予備実験で平面バッフルにはエンクロージャーでは得られない自然な響きとクリヤーなサウンドが得られることがわかっていました。低音域の量感は控えめですがその代わりとして中低音域の明瞭さが得難い利点となります。平面バッフルはシンプル故にそれらのコストはかなり安く抑えられます。弊社ではスピーカー用素材としてもっとの音が良いと判断したアサダ桜の集成材を贅沢に採用し、低価格で製品化することに成功しています。

 YS-605Pの一番の特徴はオリジナルの黒檀材削り出しによる丸形ホーンを採用したことです。弊社では長年の経験から、そのネットワークが複雑になればなるほどそれらの音質は劣化し、情報も下がることを実感しています。そこで、605ユニットの低音ユニットのフィルターを使用せず、高音域のホーン帯域のみをカットして仕上げる方法を検討しました。ALTEC605系ユニットはALTEC416系ウーハーと同等の磁気回路とコーン紙を使用しているとされています。これらのユニットは質が良く、中音域までかなりフラットな特性を持っています。一方、高音域のユニットは800系の2インチ振動板で素直な特性ですが、全体としてはかなり高音下がりの周波数特性です。それをALTECは中音部分を抑えるようなネットワークを構成して周波数特性をまとめています。 弊社ではこの高音域の減衰特性を利用してコンデンサー1個でフィルターとアッテネーターを兼ねられるようなネットワークを採用することを目指してオリジナルのホーンユニットを設計いたしました。ホーンの形状はウーハーユニットのへの影響を最小に抑えた丸形のショートタイプとし、カットオフ周波数の高いホーンとしました。そしてフィルターコンデンサーは意図的に計算値よりも小さい値を採用し、高い周波数から落とすことによって、高音域にかけての周波数特性を補正しています。更にそのコンデンサーの値を加減することでそのアッテネーターとしての働きも持たせて実質的にアッテネーターの全廃を実現しました。その結果、コンデンサー1個という極めてシンプルなネットワークで実用的な周波数特性を得ることができました。これによって一般的に問題とされる低音域と高音域の位相特性の不連続も最小に抑えられます。

 ホーンの材質は硬くて緻密な無垢の黒檀材を採用し、NC加工機によって精密に削りだして共振のほとんどないホーンユニットとしています。フィルター用のコンデンサーには米国スプラグ(Dearborn)社の高性能ラグ端子タイプのポリプロピレンコンデンサーを採用し、自社にて黒檀製のケースに高強度エポキシ樹脂を含浸して使用しています。また、605ユニットのスピーカー端子は弊社オリジナルの大型端子に交換しております。これによって端子部分の接点は合計4個減少し、音楽の情報量は大幅にアップしています。

 従来、ALTEC604,605系のスピーカーはジャズやポピュラーには合うがクラシックには適さないと言われましたが、これらの改良でクラシック音楽に対しても適合性が増していることも大きな特徴です。ぜひ、この新しいALTECサウンドをあなたの耳でご確認ください。

 

 なお、YS-605Pはビンテージのユニットを採用しております。それらのユニットは約40年前の製造でその状態はユニットによって様々なものがあります。古い振動板がそのままで可能なもの、振動板を張り替えて交換されたものなど状態や外観、音質には多少の差があります。製品の納品時にはそれらによる違いが生じる場合がありますことをご了承ください。

YS-605P規格

型式:平面バッフル方式38cm同軸型2wayスピーカーシステム

使用スピーカーユニット:ALTEC 605A 又は 605B (弊社にて改造)

中高音用ユニット:黒檀材削りだし加工品・円形ホーン

平面バッフルの材質:アサダ桜材集成材25mm厚・ウレタン塗装

インピーダンス:16Ω

周波数特性:35Hz〜18,000Hz

外形寸法:996(W)x910(H)x285(D)

重量:36kg

価格:398、000(税別1台)



その他 : 弊社の加工技術を駆使した木材、樹脂等の精密加工も承っています。(詳細はお問い合わせください)
Besides: the processing technology of our company even the precise processing of the lumber, resin etc. that utilized it are informed. (Inquire the details)


山本音響工芸 ホームページトップ
Yamamoto Sound Craft Homepage TOP

日本語English


山本音響工芸株式会社 675-1323兵庫県小野市榊町726 TEL0794-62-5655 FAX0794-63-6405
Yamamoto Sound Craft Corp. 726 Sakaki-tyo Ono-city Hyogo 675-1323 Japan / Tel 81-794-62-5655 Fax 81-794-63-6405

お問い合わせ(Inquiry): shige-y@mh1.117.ne.jp
担当(Charge):山本(Yamamoto)


Copyright ? 2002-2009 Yamamoto Sound Craft All Rights Reserved.