超大型ウッドホーンF280A
450,000円(受注生産・スロートアダプター付属・税別・1台)
 本機は外形寸法806W×330H×513Dと木製削り出しホーンとしては従来考えられなかった程の大型ホーンです。従来のホーンはカットオフ周波数に対して開口部の開き寸法が狭いものが多く、1KHz以下で周波数レスポンスが低下したものが大部分でしたが、本機ではその部分を改良するべく開口面積に比べてカットオフ周波数を高目に設定致しました。ホーンの広がりには従来のホーンではエクスポネンシャルホーンの常数が用いられることが多かったのですが、この方式ではカットオフ付近の周波数特性が下降する傾向が見られました。そのため弊社ではハイパーボリックホーンのカーブを採用して、カットオフ周波数の280Hz付近までほぼフラットでワイドな周波数特性を得ることに成功しました。従来、ホーンスピーカーのクロスオーバー周波数はカットオフ周波数の2倍以上でないと実用にならないと言われていました。しかし本機ではホーンの広がり常数を見直すことによりカットオフ周波数の1.5倍の周波数である400Hzから使用できるようになっております。

 本機の上下板は810×470×142mmという極めて大きなアサダ桜の集成材ブロックから削り出すという方法で製作しています。その板1枚の重さは約40kgあります。さらに側板も62mm厚の集成材から削りだし、トータルでは1台当たり100kg近い集成材が必要です。集成材は原木を板状の素材にしてそれを積層して製造しますので元の原木ではホーン1台当たり250kg近い材料を必要とします。これは木製削り出しホーンとしては最大限のもので、削り出しの為、ほとんどホーン鳴きがなく、大型ホーンに付きものだったホーン鳴きから開放された澄み切った再生音が得られます。

 F280Aでは集成材の板材を、音の伝達速度が秀れた、前後方向に向けた縦方向使いとしています。そのため、音の拡がり、音放れが良く、クリヤーでスピード感にあふれた音を得ています。 また、内部のセパレーターフィンは音道の中にあり薄くて強度的に弱くなる箇所で、鳴きが心配されます。本機では非常に硬く丈夫なアフリカ黒檀材を使用し、さらに上下板にミゾを切ってセパレーターフィンを挟み込む形で組み立てていますので、薄く鋭いセパレーターフィンながら十分を強度が確保されています。

 当方のホーンは以前から、内部にセパレータ・フィンを持たせたサイドカーブ型のデイフラクションホーンの形状を踏襲してきました。本機ではその考え方を維持しながらさらに上下方向の指向性をも向上させるため、上下方向の開き始める位置を、従来ではフィンの終了点からであったところを、もっとスロート近くに寄せ、スロート間近から徐々に開いていくように設計しました。それによって垂直方向の指向性をより低い周波数までコントロールできるようになり、その結果、周波数特性を中低音域で向上させ、よりフラットでスムーズな周波数特性を得ることに成功しました。

F280A上部とセパレーターフィン部。
ともにブラウン仕上げの場合の写真です。
写真左はF280Aの側面部分、写真上は砲金製スロートアダプター部分、ともに仕上げは特注色のブラウン色の場合です。スロートの下部の支柱はセッティングの際の三点支持の支点になります。これらは標準付属品です。
 ホーンとはドライバーユニットから発せられた音波を音道内部で徐々に大きくしてゆきその過程で音量を大きくし、音の方向を決定していくものです。そのため音道内部では障害物があったり面積的に絞り込む部分があるとそこで音の反射が生じ、音が乱れる原因になります。本機はそのホーン内部のどの位置でも寸法的な較り込みを行っていませんので、反射による特性のアバレがなく、限りなくスムーズな特性を得ています。本機の指向性は水平方向90度×垂直方向40度の適度な広さの指向性を持たせています。ホーンの指向性は広すぎる場合は部屋の反射の影響を受けやすくなります。また狭すぎる場合はホーンからの直接音が強くきつい音になりがちです。本機の指向性は一般的なリスニングルーム内で聞きやすい適度な指向特性を得ています。

 本機には砲金製の十分な強度を持ったスロートアダプターを採用しています。内部の構造は、60mmの長さで49mm径の丸から50mm×60mmの角形に変換するだけに止めています。スロートアダプター内部では音波の広がりを自然にホーンに導き、ドライバーとホーンの接合をがっちりと支えます。砲金は錫と銅の合金で非常に強度が高く、しかも重いため鳴きが少なく、その響きも美しいことで有名です。重さはスロート部分だけで約4kgあります。本機ではその砲金製スロートアダプターに支柱を立て、ホーン両サイドにセッティングベースを置くことによってセッティング時に安定するように3点支持ができるように致しました。ホーンもそのセッティングのしかたによって音が大きく変ることがあります。本機では3点支持によってウーハーユニットからの振動による音への影響を減少させ、音質向上を実現しています。

F280A+TAD4001 F280A+JBL2445J
F280A外形寸法
F280A規格

●型式:サイドカーブ型ディフラクションホーン
●推奨クロスオーバー:400Hz
●ホーンのカットオフ周波数:280Hz
●指向性:水平90度、垂直40度
●スロート径:4.9cm
●適合ユニット:TAD4001、JBL2441、2445」等
●ホーンの材質:アサダ桜集成材
●外観・仕上げ:ローズ色・家具調ウレタン塗装仕上げ(オプションで特注色も可能)
●外形寸法:W806×H330×D513mm(スロートアダプターを含む)
●重量:39kg
●価格:450,000円(税別・1台) 砲金製スロートアダプターと3点支持セッティングベース付(受注生産)
本機の意匠仕撼等は改良の為予告なく変更することがあります。