Western Electricの隠れた銘球 VT-52の魅力を最大限に引き出した
VT-52 シングルステレオアンプ A-010
¥380,000(出力管別売) ¥500,000(Western Electric VT-52付属)いずれも税別本体価格

写真左からWEVT-52, 同刻印ベース部分, ヒーターのフック吊り部分
いずれも全盛時のWesternElectricの真空管製造技術が結晶しています。

● Western Electricの隠れた銘球VT-52を使用したシングルステレオアンプ

 VT-52はウエスタンエレクトリックが軍用として開発した三極出力管です。一般的な民生用の2A3などと異なりウエスタンエレクトリック以外のメーカーであまり製造されていなかったために知名度が低くまた正式な規格表もほとんど残っていないため幻の三極管と言われてきました。しかし、そのVT-52はすばらしい音質を持った三極管としてマニアの間で隠れた銘球として語り継がれてきました。VT-52の真空管の構造・材質はウエスタンエレクトリックの真空管の中でももっとも評価の高いWE300Bの刻印タイプと非常に似ておりその音質もWE300B刻印タイプと共通点が多く見られます。WE VT-52はベース部分が刻印によってVT-52と表示されておりこのことからもそれをうかがわせます。またVT-52のヒーター電力は7V, 1.1Aとあの300Bよりも大きな値を持っています。これはその出力に対する音のゆとりとして現れます。VT-52はその特性が45真空管に似ていることからスーパー45とも呼ばれます。しかしその実力は45を遙かに超えたパフォーマンスを示し、数ある三極管の中でも最高レベルの音質を持っていると言っても過言ではありません。本機はそのようなVT-52の性能を最大限に発揮させることを目的に設計しました。

● 整流管に80を4本使用し、増幅管1本に付き整流管1本を使用することによって大きく音質向上を果たしました。

 A-010の整流管は80を4本採用しました。これには二つの理由があります。一つはドライバー管、出力管をそれぞれ他の増幅部と分離して最高の状態で働かせるためです。大きな音楽信号が入力されたとき出力管には大きな電流変化が生じます。電源が一つの場合、その電流変化がドライバー管に影響を与えます。本機はA級シングルアンプのためその影響はそれほど大きな値ではないかもしれません。しかし、ドライバー管の電流変化は出力管の1/10以下という小さなレベルのため影響していることは確実です。整流管以降の電源部をそれぞれ分離するとその影響はほとんど無くなります。これによって各段の真空管は他の真空管からほとんど影響を受けず理想的な増幅動作をすることができます。もう一つの理由は、電源の応答速度を速くするためです。
通常、ドライバー管のプレート回路の電源部は抵抗器とケミカルコンデンサーを使用したRCフィルターで構成されます。その場合、小さな電流変化はケミカルコンデンサーに蓄えた電荷からの電流でまかなわれます。一方大きな電流変化は整流管からの電流で消費されます。ケミカルコンデンサーは一般的に充放電の動作速度が遅いため音楽信号の素早い変化に追従できないことがあります。そのため弊社ではドライバー管にも従来から小容量のフィルムコンデンサーを採用してきました。 A-010ではこの考え方を推し進め、ドライバー管ではわずか2μFという小さな値のフィルムコンデンサーのみでこの80整流管の入力コンデンサーを構成しています。そして米国イクシス社の高性能カレントレギュレーターを採用してクリヤーで応答速度の優れた電源部としています。また同じ理由から出力回路のチョークコイルを廃してRCのみによるフィルター回路を構成しました。これらの電源部の構成によってアンプ自身の動作速度が向上しよりスピード感にあふれるクリヤーなサウンドを得ることに成功しました。

● ドライバー管としてドイツ製高性能五極管C3mを採用し音質向上と長期安定を図りました。

 A-010はドライバー管としてドイツ製の高性能5極管C3mを採用しました。C3mはドイツの電話会社用に使用された高信頼、高性能な真空管です。音質も弊社はテストした中では最も優れ、10,000時間の寿命が保証され、長期の安定した使用が期待できます。

●すべての真空管のヒーター回路にのDC点火と定電流回路を採用、クリーンでエネルギッシュなサウンドを得ています。

 C3m, VT-52真空管のヒーター回路はノイズを最小に抑えるため両波整流でDC点火とし、MOSFETを利用した定電流回路を採用してクリーンで応答速度の速いヒーター電源としました。整流器と定電流素子にはすべて米国イクシス社の素子を採用しました。イクシス社は業務用の高性能な半導体を製造しているメーカーで、その整流器やMOSFETなどは一般品とは大きく異なり性能、音質ともに大変優れています。

●レギュレーションに優れた2個のRコア電源トランスとハイビータイプのカットコア出力トランスを採用し優れた音を実現しました。

 本機の電源トランスには、2個のRコアトランスを採用しました。電源トランス部で高圧部とヒーター回路のトランスを分離してお互いが影響し合わないように配慮しました。プレート電源回路の電流変化がヒーター回路に影響しないように配慮しました。また、出力トランス、チョークコイルにはレギュレーションに優れたハイビータイプのカットコアトランスを採用しています。特に出力トランスにはA-08Sなどと同様、特注の100ミクロン厚のコア材を採用して、テフロンの絶縁紙を使用してコイルを巻き、音質を向上させました。

●世界中から集めた高音質パーツ、カスタムパーツを要所に採用して最高の音質を目指しました。

 本機のに使用しているコンデンサー・抵抗器は世界各国から試聴によって選び出された最高の音質のパーツを厳選して採用しています。主要部のコンデンサーは音質の優れたポリプロピレン型をさらに黒檀ケースにエポキシ樹脂で含浸して使用しています。フィルムコンデンサーは電極が振動しやすいため、この含浸効果により大きな音質向上を果たしました。A-010に使用している電源を含めた大部分のコンデンサーはこれらの特別製のフィルムコンデンサーとして、音質的に劣るケミカルコンデンサーの使用を極力減らしています。また抵抗器も音質の良いことで定評のある米国DALE社の巻線抵抗やメタルクラッド抵抗、大容量表面実装抵抗など高音質パーツを厳選使用しています。

● A-010規格

形式:WE VT-52シングルステレオパワーアンプ / 使用真空管:WE VT-52 2本、C3m 2本、80 4本 / 最大出力:3W+3W

周波数特性:20−22kHz(1W出力時)/入力感度:0.4V入力時、3W出力/ゲイン:24.5dB/残留ノイズ:約1mV / 入力インピーダンス:200kΩ

外形寸法:400(W)314(D)211(H) / 重量:16.3? / 価格:¥380,000(出力管別売)¥500,000(WE VT-52付属)共に税別本体価格

VT−52に関する詳しい情報の掲載されているサイト(英文)

http://www.vt52.com/